昔ながらのフィットネスマシーン

昔ながらのフィットネスマシーンであるのは、トレッドミルです。これはウォーキングからジョギング、ランニングなど、自分の強度に合わせて有酸素運動を行うことが出来るフィットネス用具です。室内でもこれらの運動を長時間行うことが出来るので、とても有効に時間を使うことができます。トレッドミルは古くから使われており、人間の運動で大切な、走るという動作を外に出て走らず、室内でも行うことができる、という画期的なフィットネス用具であるために、発売当時から現代まで愛されているのです。 トレッドミルはこの室内でも走ることができる、という特性を生かし、単純にジョギングやランニングだけのために使用されるのではなく、サーキットトレーニングや、HIITと呼ばれるトレーニングにも使用されることが出来るので、さらに応用の利くフィットネスマシーンとなっているのです。 トレッドミルが発売されたのは50年近く前ですが、歴史は深く、最初に使用されたのは200年も前に遡ります。トレッドミルは単純な動作でありながら、現代手も人気のあるフィットネス用具です。単純であるからこそ、様々なトレーニングメニューに対して取り入れることが出来るために、現代でも家庭の健康維持から、スポーツ選手のトレーニングにも使用されているのです。 エアロバイクも昔ながらのフィットネス用具です。室内でも自転車をこぐことと同じ効果を期待することのできるフィットネス用具として人気です。これはトレッドミルよりも、膝に対する負担が少ないために、より太っている方向けのフィットネス用具です。また走る動作よりも自転車をこぐという動作が特殊であるために、走ることは外で行うことが出来るが、自転車をこぐことは、より外の環境に対して影響されてしまうために、より室内で行うことに適しているフィットネス用具であると言えるのです。気軽に自転車をこぐ動作が行えるので、現代でも人気のあるフィットネスマシーンです。

Page Top